まぎれもなくあてもなく

見たくない人は見ないでくださいな

002:ハタチになってやっと気がついたこと

 

私はずっと男という性別に憧れていた。女であるということが少し悔しかった。

バンドでもそう。もっと私ならアイツより男らしいステージ上での振る舞いもできるのに、演奏もできるのにって。

恋愛対象は男性ですよ。そこは違うんです。男になりたいなぁという願望、憧れだけを持っているんです。

 

でもやっと気がついた。私は男にはなれない。羨ましがったところで私は女であるわけだし、一生変わらないし、変える程の覚悟もない。

 

恥じることでもないけど、私には女友達が少ないと思う。男友達の方が多い。でも全くもって誇れることではない。むしろ都合が悪いことが多い。

そもそも友達が少ない。友達って何?そこなんだよ何を持って友達っていうの?どこからが友達なの?なんか「浮気ってどこから?」って騒ぐ恋愛依存症みたいなこと言ってるな嫌だな(笑)

決して「女同士で群れない私格好いい」とか思ってないし「男としか仲良くできないサバサバした私」を演出したいわけでもない。

友達だ!って仲がいいんだ!って胸張って言える関係の人が少ないってことです。特に女の子との関係では。自信がないんです。私なんかが友達って言ってしまっていいのかなって。怖い。「え、友達と思ったことなんてないけど?」なんて軽く言われてしまいそうで。

男性って「あいつはあいつ。俺は俺。」って割り切っても仲が良かったり認めあったりしてるからいいなと思うし、仲良くもなれるんですよ、そういうところいいなって。自分の世界があって。

女性は、思想とか趣味まで同じでないと仲良くなってくれないような気がして。「私はこれが好きなんだけど、あなたもよね?」「私はこれが好きであれが嫌いなんだけど、あなたもよね?」みたいな。「違う」って言ったらもうそこでおしまいになってしまいそうで。まず自分から近づいていくことも怖い。どうせ食い違った時点でそこで終わる関係になるのなら。

大学入ってやっと自分をもったまま接しても崩れない関係を見つけましたが。奇跡だと思う。どうかお願い、私のこと友達って思ってて。

 

自信のなさが友達の少なさに繋がるとは。盲点だった。自分に自信がないわけではないんですよ!むしろある方なのでは。

自分は自分のこと好きだし気に入ってるしいけてると思ってる。でも他人にどう思われてるかは分からないし、やっぱり自信がない。どうなんだろうね、他人から見た私って。

 

あれ、話が逸れてきてる。男になれない、やっぱり女だって話ですね。

 

そう、だからこれからは男の真似事とかせずに自分がなりたい女性になろうと思って。ふと急に。自分が思う格好いい女性に、女性ギターボーカルに。

次のバンドでは自分の女という性別を生かせることしたいな。絶対スカートで出演するとかそんなところから始めたい。歌詞とかも、わざと女々しいこと書いたり。メンバーに嫌がられるかもしれないけど(笑)

 

 

以上、久しぶりのお化粧中に思ったことたちでした。

001:今まで作ってきた曲たちよ、飛んで行け

私、ど田舎高知県でBurst into Laughters(以下バースト)というバンドでギターボーカルをしています。歌ってギターを弾く人です。ギターはそんなに上手くないです。

そろそろ活動しなくなるけどね、内緒だよ。ギターがいなくなっちゃうんだ。ベースは公務員講座でバンド活動ところじゃなくなっちゃうの。

ライブで演奏する曲は全部で7つある、作詞とメロディーは全部私が担当した可愛い可愛い7つの曲たち。

 

上から作った順に↓

モーニングコール

God Doesn't Chase Dice

ちぐはぐ

Cenozoic

Escape goat

Get down

泡沫

 

ひとつひとつに別々の思いがあるし、少なからずその当時の私が反映されている。

 

モーニングコールはいつ作ったかな...中学とかだった様な気がする。高校1年かな?どんな思いで作ったのか忘れるくらい前。

ただ歌詞に”教科書”とか、今は変えたけど”制服”とか入ってたから大学入る前ってことは確か。大人にならなきゃいけない、進まなくちゃいけない、起きなくちゃいけない、そんな曲。

 

God Doesn't Chase Diceは、バーストのメンバーで作った初めての曲。コード進行はタイトルの頭文字のG D / C Dの繰り返し。

このメンバーで頑張っていくんだ、っていう意気込みの曲。大きな愛で世界を征服するつもりだった。未完成な姿も恥ずかしがることなく。

ぶっちゃけこの曲の歌詞に何度も励まされた。自分いい歌詞書くなあと自画自賛したり。

 

ちぐはぐは、友達が浮気されて傷ついているのをみて思わず書いた曲。

でもこの曲の女性は強いの。「貴方の”イイヒト”になんてなるわけないでしょ、都合のいい女と思わないで!さようなら!」って言い放って曲が終わるから。

歌ってても気持ちがいいし、この曲は割とウケもいい。なるほど私はこの路線でいけばいいのかな?と考えたりもする。割とハッピーな人間なんだけどな。

 

Cenozoicは、メロディーとか曲の感じはメンバー4人でカレー食べたその帰り道にふと浮かんだ曲。実は二番の歌詞は当時の自分の色恋が混ざってる。そして結構反抗的。状況が変わって今更歌いたくなさすぎて歌詞をこっそり書き換えたりしたけどスタジオ練で出てこなくて歌えないという。ライブまでに覚えよう本気で。

 

Escape goatは、世界観が一番しっかりしてる曲。一人の少女が廃墟みたいな街を駆け回る。疾走感とか曲中に3拍子に切り替わるところとかハラハラするし、一番好きかもしれない曲として。

鳥肌が立って、血が吹き出して、「私、生きてる」って思う少女は結局、大切なものを手放してまで大人になることが嫌で怖くて、最後ナイフを手にしてしまうんだけど、そのナイフを自分に突き立てる(自殺する)のか他人に突き立てる(戦う)のかは聞いている貴方次第なわけですよ。

 

Get downは、どこまでエロい曲書けるかなって歌詞書いた気がする(笑)そんなならなかったけど(笑)ベーシストが唄うラップの部分の歌詞の方が多分もっとだと思う。やっぱ現役男子大学生の発想力には劣るよね。乾杯ですわ。

 

泡沫は、出だしの「午前二時の浴槽 たるんだ私が浮かぶ」からすでにノンフィクションですね。7曲中1番ノンフィクションな歌詞となっておりますよ。

”過去との決別”とどこかで言ったことがあるんですが、本当そんな曲で。

心がこもりすぎちゃって困る。いっぱいいっぱいになりながら歌ってます。

 

 

で、この7曲も4/29のライブで当分封印してしまいます。だからあと3つのライブは今までの私を出し切ってしまおうと思っています。

25日に歌のレコーディングも控えているので、CDにどこまで吹き込めるのかチャレンジしてきます。聞いただけで泣かせられる様な。

あ、そうレコーディングしてます。あと1週間なのにまだ歌録ってないという。マイペースすぎ危機感なさすぎ。しっかりして自分。

 

なんか曲のことについて私情を挟みまくって赤裸々に書きたくなったので書いてみました。歌詞が気になる方はCD買ってネ。

 

000:振り返っていいのは私だけだから貴方は見なくていいの

今まで生きてきた20年間は決して美しいだけのものではない。

ましてや、自分で振り返ることも滅多にしない。見たくない。

それにもかかわらず私以外の誰かに、どんな道を歩いてきたのか、どんな思いを今までしてきたかなんて見られたくない。

 

ならブログなんて書くなよって、

ほんとその通りなんだけど。

 

TwitterとかInstagramに書けないことを、誰にも見せない日記帳に書いてもすっきりしないことを書こうかなと。

 

すっごいどーでもいいこととか、タイムラインに流すのには少し刺々しいこととか。詩っぽくて後々読んで馬鹿だなぁと思う様なこととか。

読んで後悔しないでね。そういうスタンスで書いてるから。私はしらんよ。

 

7回目のブログ開設。突然消したり連投したりするかもしれない。

前やってたアメブロも消した、なんかブログだけできたらいいのに、メルマガ鬱陶しいし、アメーバピグも可愛くないし。ブログで繋がる必要はないから。

 

そんな感じで書きまーす。